普通に近い変人だ

ちなみに、我々3きょうだいは、けっこうユニークで、悪い意味で目立っていたと思われる。
上から順番に、変人度が増していて、わたしは、一番下で、わりと普通に近い変人だった。
上2人がユニークすぎて、そのせいで、わたしは目立たないため隠れ変人とも言える。
姉は、当時、いじめられていたらしく、小学時代の思い出は封印している。
が、中学から人が変わったように大変身して、体育系クラブ活動で頭角を現した。
勉学では、高校生になり学年が進むにつれ、上2人は優秀だったため、わたしは何かと比較され、サボっていると見なされた。
きょうだいと比較して、こんな失礼な発言をしたりする教師が普通に存在することに、新鮮な驚きを感じた。
普通の子なら、絶対にひねくれたり、非行に走るだろうと思った。
が、わたしは、非行の道には全く魅力を感じなかったのと、ひねくれるには性格が真っ直ぐすぎて天然、楽天家だったため、先生の言動に驚いたに過ぎなかった。
強靭な神経を持っていたのだろう。
ナイーブ、ナーバスの真逆。
無神経。

成績悪い、それがどうした?
なんか、悪い?
と思っていた。

補習的なことをしたり、カツを入れるため、先生のところに来るように直接言われたが、行かなかった。
なんで、行かなきゃならん?
行かない。

でも、全然卑屈ではなかった。
高校生活全てが、自分の属する生活ではないような気がしていた。
皆んなと、合わないなあ、、、と思っていた。
嫌い、とかではない。たんに感覚が違うだけ。
それに、非行の道は快適ではないし、美しさを感じなかったので、わたしは不良にはならなかったが、不良の子たちが友達だった。
これは、ひょっとすると、自覚がないだけで、わたしも不良なのか?
でも、わたしは違うと、自分で思っていた。
不良と遊んでいるだけで、本来の立ち位置にいつも戻っていた。
わたしは不良を目指さなかった。
不良に転がり落ちることはなかった。
が、優等生たちとは、水と油だった。
優等生ではない、不良でもない、不良と遊ぶ、一般生徒。
先生は、非行の道に転落してしまわないか心配だったのだろうが、全然そんな心配は不必要。
わたしは、不良には憧れていなかったから。

らは善く思われ

自分軸で自分のしたいことをすると、人からは善く思われない。
人の立場に立って頑張ると、評価が高い。
あるいは、人から非難されないよう頑張るのも、悪い評価ではない。
人のために生きることが好きな人は、当然ながら、高く評価される。

慈善活動が生き甲斐の人は、立派で素晴らしい臍帶血儲存

問題は自分はそうでないこと。
電車で席を譲るのも、こころの底からやっている場合と、周りの目を意識してやる場合があるように。

わたしは、人の気持ちを思い遣ることが不得意だ。
なので、カンニングペーパーを用いるかの如く、こういう場合はこうする、ああいう場合はああする、と、フォーマットのような事例集を参考にすると、大きなポカは避けられると考える。
一種の発達障○かも知れないbb轉奶粉

しかしながら、今更、専門医に指導を仰ぐのも、いかがなるものか。
自分のことは自分が一番よく知っているし、理解している。
他人に理解してもらわなくてもよい。
さらに深く専門医に理解してもらう必要を感じない。
お互い、時間の無駄。

人に迷惑をかけず、ひっそり暮らすからよい。
用事があれば、たまに出て行く。
それでよい。
用事は最小限が望ましい。
もはや省エネの域を超え、冬眠のクマである。

冬眠したまま置き物になりたい。
蝶になりたい、ではなく、オブジェになりたい整形香港

力には大脱帽してい

ブログる文学振興会におきましては、輝かしい「永遠のブサイク乙女賞」をいただき、大変光栄であります香港皮秒
これからも益々ブサイクを追求し、右に左に上に下にと揺れて参りたいと思う所存です。

実質的会長(裕氏)の目利きはスゴイ。
さすが生き馬の目を抜く個人主義の国で逞しく磨かれただけのことはある。
ケイコさんはもちろんのこと、みしろさんにおいては見事な文章力には大脱帽している。

ちなみに、、、
先日、二、三歳の幼児がズボンの後ろに付いている切れ端を掴もうと、クルクル回って目が回っていた。
そういう犬、いる。
自分の尻尾を目掛けてクルクル。
わたしは、それを見て、自分のブログのようだと思った美容試做價

しょうもない、実体のないことを追及してグルグル。
クルクルなら軽快感があるが、グルグルだと重くてバカっぽい。ブサイク。
いやはや、ある日はクルクル、ある日はグルグル。
自分を追いかけて遊んでいる。

べつに、漫才のブサイクキャラは目指していない。
(ブサキャラ例→フットボールアワーの岩尾や、NON STYLEの石田じゃない、右の方=井上)

作られたブサイクは、人工的で美しくない。
自然体、自然美のブサイクを理想とするTeosyal黑眼圈針
目指せ「美しいブサイク」!
ついでに、
目指せ「賢いアホ」!

るんです」と訴えたら

好きなものを好きな時間に作って食べられる幸せ。
今日は冷凍庫に保存していた最後の(10枚切り)食パン3枚使って、ハムチーズサンドイッチとホットミルク。
最後の保存食パンは、娘が来た時、出した食事が足りない時用のストック食材として、出来れば冷凍庫に残しておきたかったが、思い切って使ったprofhilo逆時針
姉(兄の代理)から贈ってもらったお歳暮の三田屋のロースハム(ブロック)を冷蔵庫ストック棚から取り出し、未開封包装を思い切って調理バサミでチョキンと切って。
「自分のために、新しく開封してハムを使う」のが、最高の贅沢だ。
欲張るあまりに、太くスライスしすぎた上、それに加え2枚も切って挟んだサンドイッチは、大きくなりすぎたせいか、喉の途中で支えて止まってしまった。
笑い話のようだが、欲の張りすぎか?
わたしには、欲張り展開パターンはよくあることなんだが美容優惠療程

前に、例年毎年、胃カメラを飲んで検査してもらっている先生に、「時々、何か食べた時に喉が詰まる、つっかえるんです」と訴えたら、「そんなことは全然ありません」と、さらっと流された。
わたしは本当に喉に食物や液体が詰まって、通過するまである程度の時間がかかり、通過する時はエレベーターがゆるゆる降下していく感じ。
徐々に窮屈なところを無理やり押し下がる感覚で、下がり切るまで苦しいし、心配なので相談したのに、即、却下、一蹴された。
胃カメラは通っても、食物は通らないで渋滞することがあるんですってばぁ、先生!」
と、こころの中で訴えた。
先生、胃カメラとは違う内容のことは、別途、診察料、治療費が要るのかしらんthermage

をむこうにまわし

 たとえば、約束は絶対に守ることである。「何月
何日までに、この荷物をとりにくる」といったら、
雨が降ろうと槍が降ろうと、どんな困難な状態にな
っても必ず受け取りにくる。
 しかし、「運賃をまけてくれ」という交渉があっ
ても決してとりわない。
「この原則はそっくりそのまま、山形相互の経営に
適応できます」が沢井さんの解説だったuche傳銷

 山形相互の二人の行員が、酔っぱらったヤクザに
因縁をつけられ、あっという間に一人が袋叩きにさ
れてしまった。
 残った一人は、「よくも友だちをやりやがったな」
といきりたち、アンちゃん二人をむこうにまわして
大たちまわりを演じているところへ、パトカーがや
ってきて、全員、ブタ箱へほうりこまれてしまった紐崔萊維他命
ジェントルマンをうりものとする銀行員がゴロンボ
とわたりあったのだから、ニュース・バリューは満
点だ。翌朝の新聞は三面トップでデカデカと扱った。

 二人の行員は、すっかりしょげかえり、おずおず
と沢井さんの前にきて「つい、かっとなって、銀行
の体面を穢し、誠に相済みません。覚悟はできてい
枡から、存分に御処分のほどを……」とうなだれた。

この時、沢井さんは厳然としていい放った。
「もしもだよ、君がヤクザになぐられた同僚を見捨
てて逃げたら、俺は即座に君を首にしただろう酒店式住宅。そ
んな薄情な卑怯者を当行にの置いて置くわけにはい
かんからだ。だが、君は友人をかばって勇敢に闘っ
た。まさか暴力沙汰をおこした奴を表彰するわけに
はいかんが、俺は君のやり方が気に入っているんだ」

卒業した感があ

最近のわたしのブログは面白くないようだ。
ツマラナイ、なんの提案もヒントも感じない、一個人の平凡な一日など、まるで人々の感性に触れないことだろう。
べつによい。
書く楽しみが満たされる日々には、満足している美白去斑
閲覧数には中期的、短期的なスパンによりアップダウンがあり、それに振り回される自分は卒業した感がある。

さて。
ある趣味関係の女子更衣室。
シャワーブースで着替えをしていると、話し声が聞こえる。
悪口である。
人の非難。
そんなことを言ったら自分にブーメランのように跳ね返ってくるのに、、、
わたしより15歳ぐらいは人生キャリアを積んでおられると思われるが、そんなことは今までの人生で習得、学習しておられないようだ。
悪口の弊害。
そんな単純なことに気付かないことに驚く臍帶血

人を非難したら、「じゃあ、あなたはどうなんですか?」と正面を向いて尋ねられたら、どう答えるのだろう?
自分が唯一正しい、自分の道が合っていると思っておられるようだ。

が、考え方が古くさすぎて、現在にマッチしていないばかりか、時代を超えて通じる真理でもなんでもない。
たんなる自分の好みを人に押し付けている。
ああやって今までの人生を生きてこられたんだなあと感じる。
人は人、他人だが、ああいう人が自分の関係者でなくてよかった。
とは言うものの、大なり小なり、身内だってああいう感じだろうBB無便便

が出現しました

一昨日のことです。
 記事を書いて、 更新しようと「記事を保存する」をクリック。
 すると、 ちっこいウインドウが出現しました。
 うちは、 FC2ブログです。

 記事は 保存されていません という注意書きの下に、 二つの選択肢が英國 the organic pharmacy

  * 次のページに移動する
  * このページにとどまる

 正確ではないかもしれませんが、 そんな文言でした。


 いやいや、 保存されてないなら、 勝手に移動しようとするんじゃない。
 だいたい 何処に移動するんじゃ!
 と思ったので、 <このページにとどまる>のほうをクリック香港人移民台灣
 なのに、 再び 同じウインドウが出現。
 こらこら、 しつこいぞ。 保存しろよ。
 こっちも負けずに <このページにとどまる>をクリックしたのであった。
 すると、 やっと おとなしく記事の保存を始めた。

 なんで あんなことが起こったのか分からないけど、
 慌てて適当にクリックして、 記事を消しちゃった人もいたのではないかと思う。
 機械のする事だから、 不具合も出ることがあるんだろうけど、
 まったく、 油断も隙もありゃしないBuilding Survey